成城こどもクリニック

お電話でのお問合せ
03-3482-1100

成城こどもクリニック

MENU

小児科一般

Medical

小児科一般

  • 感冒、マイコプラズマ肺炎などの呼吸器疾患
  • 溶血性連鎖球菌感染症、ブドウ球菌感染症(とびひ)など細菌感染症
  • 水痘、風疹、手足口病等のウイルス感染症全般
  • アトピー性皮膚炎、気管支喘息などアレルギー疾患
  • 血尿などの腎疾患
  • 乳児下痢症などの消化器疾患
  • けいれんなどの神経疾患

風邪

子どもの病気の中でも一番多いのが風邪です。鼻や喉に感染がおこり炎症を起こします。

症状は、咳、鼻水、鼻づまり、軽度ののどの痛みや発熱等で原因の9割以上がウイルスによるものです。

また、しっかり治さないとその後、気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、熱を含めた症状の経過をしっかり観察することが重要です。

腹痛

子どもが訴える痛みで一番多いのが腹痛です。

腹痛は比較的軽症の急性胃腸炎や便秘症から、重篤で緊急の対応が必要な病気(急性虫垂炎や腹膜炎、腸閉そく等)まで、さまざまな原因で起こります。

2歳以下の乳幼児は、はっきりとした腹痛を訴えることができず、ただ機嫌が悪く泣いている場合もあります。

便秘は病状としては軽症ですが、子供にとっては、激しい痛みを伴う場合があり、腹痛は病状の重症度と痛みの程度が一致しないことがありますので、嘔吐や下痢といった他の症状の経過観察が必要になります。

受診される場合は、これらの症状の経過を医師にお伝えください。

下痢

子どもの病気の中でも風邪の次に多いのが下痢です。

下痢の場合は、便の状態をよく観察しておいてください。少し柔らかい程度の下痢か、水のように流れるほどなのか、血液や粘液は混じっていないか、腐敗したような臭いはないか、白っぽくないかなどを確かめましょう。

血便、粘血便(粘液の混じった血便)、白色便、食物が全く消化されていない便などであれば、それを医師に見せてください。また、機嫌はどうか、ぐったりしていないか、嘔吐はないかなどもよく観察しておいてください。

下痢が続くと、栄養が足りなくなってしまうのではないかと心配になりつい食べさせてしまうお母さんがいますが、腸が傷んで消化吸収ができなくなっていますので、いくら栄養価の高いものを食べさせてもあまり意味がありません。高カロリーの食事はかえって治りを遅くしてしまいますので気をつけてください。

子どもの病気の中でも風邪の次に多いのが下痢です。

下痢の場合は、便の状態をよく観察しておいてください。少し柔らかい程度の下痢か、水のように流れるほどなのか、血液や粘液は混じっていないか、腐敗したような臭いはないか、白っぽくないかなどを確かめましょう。

血便、粘血便(粘液の混じった血便)、白色便、食物が全く消化されていない便などであれば、それを医師に見せてください。また、機嫌はどうか、ぐったりしていないか、嘔吐はないかなどもよく観察しておいてください。

下痢が続くと、栄養が足りなくなってしまうのではないかと心配になりつい食べさせてしまうお母さんがいますが、腸が傷んで消化吸収ができなくなっていますので、いくら栄養価の高いものを食べさせてもあまり意味がありません。高カロリーの食事はかえって治りを遅くしてしまいますので気をつけてください。

嘔吐

嘔吐は、胃腸の食物を消化する能力がおちているため「食べたり飲んだりした物」を胃腸が拒絶して起こる反射です。

吐いたあとも、少しずつ水分をとって、あまり苦しそうでなければ、さほど心配はないですが、嘔吐と共に顔色不良となりぐったりする、火がついたように激しく泣く、血便等が見られるときは腸重積症のおそれがあります。腸が腸の中なかにどんどん入り込んでいってしまい、12時間以上経過すると腸が壊死して腹膜炎やショックを引き起こしたりする恐ろしい病気ですので、できるだけ早く医療機関にかかりましょう。

また、嘔吐のときは、脱水症状にも注意が必要です。

但し、吐き気がおさまるまで何も与えません。吐き気の強いときは、水を飲ませても吐きますし、そうすると余計に脱水症状をひきおこす要因にもなりますので、吐いて2時間は何も与えず様子をみます。

その後、吐き気がおさまって水分を欲したら水や薄目のお茶などを少量ずつゆっくり与えてください。

食事は、様子を見ながらうどんやおかゆなどの炭水化物を少量ずつ与えるのが良いでしょう。

発熱

子どもが熱を出すと心配になりますが、小さな子どもはまだ体温調整機能が発達途中ですので、小学校に入るくらいまではよく熱をだすことがあります。

発熱は感染症からからだを守ろうとするからだの防御反応になりますので、解熱剤で熱を下げたところで病気自体がなくなるわけではありません。

熱の高さと病気の重症度は比例するものではありませんので、無理にお薬を飲ませるのではなく自然治癒で経過を観察することも重要です。

また、熱はそれほど高くないけど、微熱が長く続き肺炎になる場合もあります。様子をみながら、慌てず冷静に受診をおすすめいたします。

とびひ

細菌が皮膚に感染することで発症し、人にうつる病気です。

かきむしった手を介して、水ぶくれ(水泡)があっという間に全身へ広がる様子が、火事の火の粉が飛び火することに似ている為、「とびひ」とよばれています。

とびひは、虫刺されや汗疹を掻いたり、小さな怪我でできた皮膚の傷に細菌が入り込み、感染する事で発症します。

手足口病

夏風邪の一種で、手、足、口の中に水疱ができるのが特徴です。

生後6ヶ月くらいから、4~5才頃の乳児に多い病気です。せきや唾液などの飛沫感染のほか、便からもウィルスが排泄されて口からうつったりします。

潜伏期間は3~5日くらいです。手足や口に特有の発疹がでます。手のひら、足の裏、口の中に、周辺が赤くて真ん中が白い、米粒大の水疱ができます。足の甲やおしりにできることもあります。痛みやかゆみはありませんが、足の水疱が少し痛がゆいこともあります。

熱は出ても37~38度くらいで、1~2日で、大抵下がります。ときに下痢や嘔吐を伴うこともあります。

ヘルパンギーナ

流行が夏であり、且つ、水疱ができる、発熱がある、というように手足口病と症状が似ていますが、手や足には発疹は出ません。また、39~40度の高熱が突然出ます。

水ぼうそう

水痘帯状疱疹ウィルスは、空気感染、飛沫感染、接触感染のいずれかの方法で感染していきます。

水疱瘡の最も顕著な症状は発疹です。体のいたるところに発疹が出ますが、発疹の数や程度には個人差があります。

初めは虫刺されに似た小さな発疹ですが、それが一気に周囲に広がり始め、発疹自体が赤い水ぶくれのようになるのが特徴です。この水疱は1週間~10日程度でかさぶたになり、徐々に剥がれて元の肌に戻ります。

ただし、水疱をかきむしってしまった場合には、痕が残ることもあります。

おたふく風邪

耳下腺や顎下腺が腫れることで丸顔のおたふく面のようになるので、おたふく風邪と呼ばれています。

特に顎下腺が腫れるとおたふくのような顔になりやすいです。症状は風邪のような咳・鼻水、発熱、耳の前下にある唾液腺・耳下腺・下あごの下にある唾液腺・顎下腺の腫脹などです。唾液腺が左右ともに腫れることが多く、診断の大きな決め手になります。時に一方だけしか腫れない場合もあり、その場合は診断に苦労します。

最初は一方の腫れで、何日か経って療法腫れる場合もおたふく風邪と言ってよいでしょう。腫れは1週間くらいで引きます。

はしか

空気感染、飛沫感染、接触感染、いずれの方法によっても感染し、1歳代が最も多く、次いで6~11ヶ月、2歳の順です。

近年、成人麻疹の増加が問題となっており、10~20代での発症が多く報告されています。

10~12日の潜伏期ののち、発熱で発症します。発症期は咳、鼻水、結膜炎症状が強く、38度以上の発熱が数日続きます。そのあと、いったん解熱傾向を示しますが、すぐに耳後部付近から発疹が現われるとともに、39度以上の発熱が数日続きます。

発疹出現後1、2日間に、口腔粘膜に白い粘膜疹が現われます。

この粘膜疹は麻疹に特徴であるため、これを確認して麻疹と臨床診断されることがほとんどです。発疹はその後、顔面、体幹、手足に広がって全身の発疹となり、数日後、色素沈着を残して回復に向かいます。

溶連菌感染症

風邪とよく勘違いされがちな溶連菌感染症は、溶血性連鎖球菌という細菌が引き起こす感染症です。発熱や喉の痛みなどに加え、発疹などの症状を伴います。お子さまだけでなく、成人の方にも感染しますので、一緒にお住まいのご家族も注意が必要です。
溶連菌感染症になったら10日間(成人の方は7日間)抗生物質の服用が必要となります。

治療の流れ

1回目 診察当日、5日間分のお薬が投薬されます。飲み切る前に必ず<お子さまをお連れになって>、次回残りの5日分のお薬を受取りに来てください。
2回目 お子さまを診察後、残りの5日分のお薬が投薬されます。症状によってはお薬が変わる場合がございますので、必ずお子さまをお連れください。
尿検査 ①10日間飲み終わって1回(早朝尿)
②診察後1ヶ月目で1回(早朝尿)

診療案内

その他

  • 連携病院